竹原哲(たけはらてつ)

ごあいさつ

僕は広島市の山あいの街、戸山という場所で生まれ育ちました。
戸山は、今も緑ゆたかで、農業を生業とする集落が残っている小さな町です。
僕は小さな頃から近所のおじさんおばさんに「てっちゃん、てっちゃん」と呼ばれました。みんなの名前と顔が一致するのんびりとしたまちで、地域の大人に可愛がられ育ててもらい、地元の高校を卒業した僕は、関西の大学に進学しました。
そこで妻と知り合い、卒業後結婚。
戸山に戻って、妻と二人で父の仕事を手伝うようになりました。

つづく

プロフィール

竹原哲(たけはら てつ)
誕生日:1973年10月6日
出身地:広島県
経 歴:
広島市立戸山小・中学校卒業
広島県立安古市高校卒業
関西学院大学法学部法律学科卒業

ゆたか農園 代表
お花屋Ponte おいしい吉山店 代表
竹原行政書士事務所


一緒に活動してくださる方、興味を持ってくださった方
LINE@の友達追加をお願いします。

竹原哲とは?

やる気

現場主義で
走りまわります!

元気

みんなの笑顔が
僕の元気(エネルギー)!

本気

みんなの声に
本気で向き合います!

本気

みんなの声に
本気で向き合います!

ビジョン

キーワードは「対話」のチカラ

花の仕事も行政書士の仕事もお客様としっかり対話してこそいいケミストリーが生まれます。
僕は対話から生まれるケミストリーを大切にしています。

私が目指すもの、それは進化し続ける自立した地域社会の実現です。
先ずは自分自身で自分を守り(自助)そして地域社会のコミュニティで助け合い(共助)そこに行政が加わり最終的に問題解決につながる(公助)。
この自助、共助、公助が互いに効率よく働くために何より必要なこと、それが「対話力」だと思います。
僕は誰よりも皆さんとの対話を大切にしたいと思っています。
そしてその対話の中から課題を見つけ、ともに解決するように一緒に進みたいと思います。
そしてもう一つ大切にしたい「対話」
外国の方とのコミュニケーションを向上させ、世界でも広く認知されている「HIROSHIMA」で育った子供たちが国内外において、いろんな人たちとコミュニケーションをとり、平和の大切さを伝えていくことをしてもらいたい。小さなことかもしれないけれど、個人レベルから世界平和へとつながる、国際社会で活躍する「HIROSHIMA人」に育ってもらいたい。

アプローチ

1

防災士を中心とした地域ごとの災害対策の充実

アプローチ

2

次世代を担う子供たちの教育環境の整備・充実


アプローチ

3

子供の英会話力のスタンダード化

アプローチ

4

地域を担う企業の事業継続・継承及び創業の支援

アプローチ

5

住民交流・憩いの場を担う公園・空地の再整備

アプローチ

6

心の負担を軽くする、家族のための福祉充実

アプローチ

1

防災士を中心とした地域ごとの災害対策の充実

竹原哲 これまでの活動

仕事
ゆたか農園代表
お花屋Ponte おいしい吉山店代表
竹原行政書士事務所
地域とのつながり
広島市立戸山小学校元PTA会長
広島市立戸山中学校元PTA会長
消防団戸山分団委員
戸山まちづくり委員会理事
沼田町商工会・同青年部員
沼田町商工会・青年部元副部長
広島県商工会青年部連合会元副会長
芸北地域協議会元会長
広島北納税貯蓄組合連合会青年部長
沼田町商工会・同青年部員
沼田町商工会・青年部元副部長
広島県商工会青年部連合会元副会長
芸北地域協議会元会長
広島北納税貯蓄組合連合会青年部長

竹原哲 後援会について

竹原哲を応援していただける方、一緒に活動していただける方は後援会へぜひご入会ください

入会はこちらから

竹原哲 事務所

事務所 〒731-3167
広島市安佐南区大塚西6-10-1-314
連絡所
〒731-3271
広島市安佐南区沼田町阿戸2872
TEL 050-1341-7524
FAX 082-847-6753
TEL 050-1341-7524

ご声援・お問合わせ

竹原哲へのご声援やお問合わせはこちらのフォームよりご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信